>

掃除って実はコスパが悪い家事!

リビングや玄関

ゴミやホコリ、自宅が汚れていると感じるのはそれが目に見えているからです。簡単に言えば目に見えないゴミやホコリがあったとしても認識出来ないので汚れを感じません。空気中には目に見えないホコリが待っていて、人は知らずに口にしています。それを考えると呼吸すらしたくなってしまいます。
それを逆手にとって玄関やリビングなど人目に付きやすい場所の下部分だけをキレイにしておくと、汚れていると感じません。厳密に言うと人の目線より下なので、130~150cmよりも下の部分を掃いておくと良いです。
フローリングだけでは無くテーブルやドアノブ、テレビ台など細かな部分を拭いておくとよりキレイに保てます。その際はワイパーなどを使って撫でるだけでもずいぶん違うのでおすすめです。

キッチンもここだけでOK

毎日使うキッチンはどうしても汚れが目立つし、汚れのあるキッチンで料理をしたくありません。まず気をつけて欲しいのがキッチンの場合は物が腐ったりカビの原因になったりするものが多いので、毎日でも良いので少しだけ手間をかけて下さい。
排水溝のぬめりは放っておくと嫌な臭いを発生させるので、たわしやスポンジでこすり、面倒な時は漂白剤を流すと臭いやぬめりを防止してくれます。五徳や収納扉は油汚れが気になるので、食器洗いの際に毎日拭くだけでもOKです。床に飛び散った汚れや壁のべたつきは、気になるほどでなければ毎日行う必要はありません。
キッチンに関しては他の場所よりも掃除の頻度が多いですが、気をつけているだけで設備の寿命を大きく伸ばしてくれます。